素晴らしい読後感!青春野球マンガの傑作「ROOKIES」

マンガ




いまどきの若者が見たこともないような型遅れ、時代遅れの作品をメインにお届けする当ブログ。

ですが、私のようなセピア色の中年からすると、一時代昔のマンガにこそ、名作の宝庫が眠っているのだから仕方ありません。

というわけで、今回は森田まさのり渾身の力作「ROOKIES」で行ってみましょう!

ストーリー

かつて野球の名門校だった二子玉川学園高校だが、現在の野球部は不良たちの巣窟と化し、荒れ放題となっていた。
それは、試合中に起きた暴力事件により、活動停止になったことがきっかけだった。

そんな中、川藤幸一は前の学校で暴力沙汰を起こした責任を取り辞職するも、再び教壇に立つべく二子玉川学園に赴任する。
悪事を見て見ぬふりできない正義感・川藤は、野球部の不良たちと文字通り体当たりでぶつかっていく。

様々な衝突を繰り返しながらも、川藤の人間性に惹かれ、ひたむきに野球に取り組む不良たち。
野球初心者の川藤幸一を筆頭に、ほとんどの部員が野球未経験者という“ルーキーズ”たちが甲子園目指して躍動する。


ROOKIES 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

森田作品の魅力

私は子ども時代、週刊少年ジャンプを愛読していたこともあり、「ろくでなしBLUSE」のファンでした。
それが、森田作品との出会いです。

「ろくでなしBLUSE」にもいえるのですが、本作は高校生たち、特に不良たちの日常を描くのが秀逸に感じました。
思春期真っ盛りの男子高校生は、とてつもないエネルギーを秘めています。
ですが、そのエネルギーを発散する場がなく、ケンカや悪事に明け暮れてしまうのです。
それが、ひとたび打ち込むものを見つけると、若い血潮をたぎらせて青春を燃焼させます。

「ROOKIES」に登場する野球部員たちは札付きのワルであり、当初は全く好感がもてません。
まさに、学園のお荷物的存在でした。
ですが、全く教師らしくない川藤幸一という単純で直情型の熱血漢に出会い、徐々に変わっていくのです。
それは、とりもなおさず川藤幸一という男がどこまでも真っ直ぐで、真摯に夢や希望を語れるからでしょう。
川藤の諦めない行動力、生徒を最後まで信じ抜く心の在り様もあるでしょう。
そして、部員たちの性根が腐っていなかったことも要因に違いありません。

もちろん、川藤も最初は全く相手にされません。
でも、ひとしずくの水滴が落ち続けることにより硬い岩盤を穿つよう、不良たちの荒んだ心に風穴を開けていきます。
そして、バラバラだったチームが同じ目標を持つことにより、固い絆で結ばれていくようになりました。

そんな型破りな教師と不良たちが織り成す成長の物語、それが「「ROOKIES」なのです。


ろくでなしBLUES 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

作品を巡る佐藤隆太との絆

「ROOKIES」はドラマ化、映画化もされ、マンガ同様人気を博しました。
その理由としては、キャストに佐藤健、城田優、市原隼人など若手イケメン俳優が名を連ねていたこともあるでしょう。
ですが、主人公の熱血教師・川藤幸一を佐藤隆太が演じたことが、最大の理由だと思うのです。

私は、森田まさのりと佐藤隆太の「ROOKIES」ドラマ化にまつわる秘話を聞き、深い感銘を受けました。
ドラマ化の話が出る以前、佐藤隆太は森田に手紙を認めます。
それは、以下のような「ROOKIES」への、そして主人公・川藤幸一への熱い想いでした。

「いつか自分は川藤をやりたい。役者をやっていると、悩みや辛いこともある。だけど、これは全部『ROOKIES』への道だと思えば乗り越えられる。でも、自分はまだ川藤をやれる年齢ではない。もっと自分が役者として成熟してからやりたい。だからドラマ化の話がきても、自分がやれる年齢になるまで待って欲しい」

熱血を絵に描いたような川藤幸一を彷彿とさせる、佐藤隆太のほとばしる役者魂。

そして、その玉稿を受け取った森田まさのりの粋な計らいも、我々の胸を熱くさせます。

「ドラマ化の話はいくつか来ました。ですが、全てお断りしました。佐藤隆太さんでやれるまで」

熱い想いを抱く作品に、役者人生を懸けて挑戦したいと願う俳優。
そして、その志を受け止め、成長を待ち続ける作者。
ふたりの魂の邂逅があればこそ、「ROOKIES」というドラマが視聴者の心揺さぶる名作へと昇華したのです。




まとめ

ここまで「ROOKIES」について紹介してきました。

私の中で野球マンガといえば、「ドカベン」や「キャプテン」が代表作でした。
いずれも生粋の野球少年たちが主役となり、その白球に懸ける姿に惹きつけられたことを思い出します。

ですが、本作は野球の経験もあまりない不良たちがひとりの教師と出会い、更生していく中で野球への情熱に目覚めていく物語です。
そして、「ドカベン」の山田太郎や「キャプテン」の谷口タカオのように選手ではなく、部員を指導する教師が主役なのです。
野球マンガに新機軸を打ち出し、新しい風を吹かせた名作といえるでしょう。

様々な人々の想いが詰まった「ROOKIES」。
こんな時代だからこそ、初めての人だけでなく、すでに読んだ方も今一度手に取ってみてはいかがでしょう。


ROOKIES 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

コメント

タイトルとURLをコピーしました