バレーボールに懸けた青春群像「ハリガネサービス」レビュー

マンガ




バレーボール漫画といえば、「ハイキュー」を思い浮かべる方も多いでしょう。
ですが、昨今は様々なバレーボールを題材とした作品が、あちこちの紙面を賑わしています。

そんな数あるバレー漫画の中でも、私がオススメしたいのが「ハリガネサービス」です。
この作品を読んでいると、バレーボールの奥深さや面白さが、ひしひしと伝わってきます。
そして、何よりもバレーボールに熱い青春を燃やす高校生たちに、爽やかな読後感を覚えるのです。

彼らが見せるコートに立つことができる喜び、そしてバレーボールを心の底から楽しむ姿勢は、ついつい我々が忘れがちな“大切な何か”を思い出させてくれるのではないでしょうか。

ストーリー

中学時代はベンチウォーマーとして過ごし、2年生の時にはアキレス腱を断裂するという悲劇に見舞われた下平鉋(かんな)。

だが、その不遇の中でもバレーボールへの情熱を絶やさず、今できるサーブの練習を1年間やり抜きました。
そうして身に付けた“ハリガネサービス”を認められ、名将・山縣三郎のスカウトのもと、県立豊瀬高校に進学します。

攻守両面で大きく能力が劣る下平ですが、手首から先を“ハリガネ”のようにイメージして放つ無回転サーブは、えげつないほどの変化をしながら敵陣を切り裂き、レシーバーは為す術がありません。
そして、良きチームメイトの助けもあって、サーブ以外でも貴重な戦力として成長を遂げていきます。

こうして、固い絆で結ばれた3名の同級生と個性豊かな先輩達と共に、挑戦の歩みを止めずに成長し続ける下平鉋の物語が始まるのでした。


ハリガネサービス 1 (少年チャンピオン・コミックス)

作品の見どころ

主人公・下平はライバルたちと対戦するたび、乾いた大地が水を吸収するように成長していきます。
なぜならば、素晴らしいプレーを実践する相手に心からの敬意を払うからです。
下平鉋には、謙虚さが成長するために如何に大事かという真理を教えられます。

また、豊瀬高校の素晴らしさは、個性豊かな面々がぶつかりながらも互いの長所を認め合い、仲間の弱点も身を挺してフォローするチームワークにあります。
もちろん、対戦相手もそれぞれの想いを胸にコートに立っています。

激闘の末、後一歩届かなかった選手達が流す、無念の涙が我々の心に響きます。
きっとこの悔しさをバネに、さらなる飛躍を遂げて戻って来るでしょう。

テニスやゴルフなどの個人競技は、頼れるものは己ひとりです。
ですが、バレーボールは独りではなく、苦楽を共にした仲間と一緒に戦います。
「ハリガネサービス」という作品には、団体競技の素晴らしさが凝縮されています。

国内最大級の電子コミックサイト

豊瀬高校バレー部

エリート揃いの同級生

下平と共に入部してきた3名は、いずれもがとんでもない逸材揃いでした。
なんと!中学都道府県対抗戦で東京選抜に名を連ねていたのです。

セッターの松方一颯(いぶき)は柔らかいボールタッチが特徴で、まるで音がしないオーバーハンドパスに上級生達も目を見張りました。
また、冷静沈着にして優れた人間性も松方の魅力です。
データ収集も得意とする彼は、それを基に緻密な分析を行います。
とかく妬まれがちな甘いマスクの持ち主ながら、その人柄や献身的なプレーにより全く嫌味な感じがしないのは、人徳のなせる業でしょう。

色黒でツンツン頭、鼻の上に白いテープを貼っているのが真白譲治です。
身長こそ167㎝しかありませんが、ウイングスパイカーとしてレギュラーを獲得しました。
アタッカーとしては小柄な真白ですが、クイックよりも速いマイナステンポスパイクを得意とし、高い身体能力を活かした鋭いアタックはチームに欠かせぬポイントゲッターです。

リベロの金田進は何を考えているのかイマイチ分からない、マイペースな性格です。
ですが、異常なまでにボールコントロールに長けており、体のどこの部位だろうが触りさえすればボールを上げてしまいます。
いつも巨大なおにぎりを自分で作り、昼休みに食べている謎多き人物であります。

こんな3人と交流を深め、ストーリーが進むうち、主人公・下平鉋には決して醒めることのない悪夢が存在することが明かされます。
それは下平鉋の優しさと、この世界の複雑な有り様を知らぬ、幼さゆえの無知が招いた悲劇でした。
しかし、そんな下平の心を救ったのは、どんな時も傍らに寄り添う同期3人だったのです。

「いろいろあっても、今笑顔でコートに立てて良かったじゃないか」

そう言いながら涙する仲間の温かさに、胸が熱くなります。

名将・山縣三郎

バレーエリートともいえる松方達は、なぜ無名の県立高校に入学してきたのでしょう。
それは、名将・山縣三郎の存在があればこそでした。
これまで、数々の無名校を全国大会に導いてきた手腕は、間違いなく折り紙付きです。

卓越したコーチング力は当然のこと、その指導方法がまた秀逸なのでした。
山縣が答えを提示するのではなく、選手一人ひとりに課題を与え自らに考えさせることにより、問題解決能力を身に付けさせていくのです。

ひとたび試合が始まれば、苦しい場面でも選手自身で修正し、攻略の糸口を見出していかなければなりません。
常日頃から、自分で考え行動させる自主性が育まれているからこそ、実戦の場で逞しく戦えるのです。

見た目はヤクザ顔負けの強面ですが、選手のことを第一に考える素晴らしき指導者といえるでしょう。

個性豊かな先輩達

野々原大樹

豊瀬高校のキャプテンを務めるのが野々原大樹です。
キャプテンという立場にありながら、下級生からも優れたところを謙虚に吸収しようとする姿を見せます。

そして、この野々原はどんな逆境にあっても諦めず、試合を楽しむことを忘れません。
この野々原の姿に、我を忘れた下平が救われたシーンがありました。

それは、相手のエースが試合前の握手で、野々原の手を戯れに壊した時に起きました。
その蛮行を見た下平が怒りを越えた憎悪に支配され、道を踏み外しそうになります。
その禍々しきオーラは、「HUNTER×HUNTER」に登場するネフェルピトーのようです。

しかし、監督の的確な対応、そして何よりも、どんな苦境にあっても輝く瞳でバレーボールと向き合うキャプテン野々原の姿が下平を救うのです。
そして、気付きます。
バレーボールの楽しさとプレーできる喜びを。

大船勇

2年生の大船は身長186㎝の、高さとパワーで圧倒する大型スパイカーです。
3年の先輩・五十嵐歩と一緒に、筋トレに汗を流す日々を送ります。
少しどんくさく要領の悪い下平に、一番当たりがキツいのも大船です。

過去にアキレス腱を断裂した下平はジャンプの瞬間、トラウマが甦り跳べないことがありました。
「そんなお前がコートに立ち、大事な時に跳べなかったらどう責任を取るんだ!」と迫ります。
普段から物言いがキツく、厳しい態度をとる大船は一見すると感じ悪く映ります。

ですが、彼には終生忘れることのできない悔恨があったのです。
身体的能力に恵まれた彼は1年からレギュラーを張り、豪快なスパイクを叩きこんでいました。
ところが、己の傲慢さにより、ある先輩の思いを踏みにじってしまいます。

その日以来、彼は変わりました。
誰よりも、最上級生の残り少ないバレー生活に思いを馳せるようになるのです。
だからこそ、一つの致命的なプレーで、3年生の最後の大会を台無しにすることが許せなかったのでした。
そんな大船も努力を重ねる下平を認めていき、共にチームを牽引していきます。

その他の先輩達

同じ3年生の久場遥とミドルブロッカーを組む高代航平は、レギュラー争いをする下平にも嫌な顔を見せず、ブロックのイロハを教える優しい先輩です。
結果的に、下平にレギュラーを奪われてしまいますが、腐ることなく己の役割を全うする姿勢は感銘を受けずにはいられません。

リベロのポジションを金田と激しく争うのが、2年の猫田瞬です。
身長154㎝しかない彼ですが、守備範囲は非常に広く、ほとばしるガッツは誰にも負けません。
かわいい顔に似合わず毒舌を吐きますが、チームプレーを信条としています。
ライバルである金田の自己中心的なプレーを諫め、チームワークの大切さを気付かせもしました。
金田進の成長を促した立役者こそ、猫田瞬なのです。

その他にも、マネージャーとしてチームを締める百合草南や、独特のキモキャラ路線をゆく2年の家守浩一らも本作を彩ります。

ポイントが現金や電子マネーに交換できる!

まとめ

「ハリガネサービス」は、我々に様々なことを教えてくれます。

まずは、バレーボールは決して一人ではできないということです。
仲間がいるからこそボールを繋ぐことができ、ボールを必死に上げてくれたチームメイトの信頼に応えるため、一球入魂のスパイクを打てるのです。

そして、本当に楽しい瞬間は、いつも挑戦の先に待っているということを。
さらに言うならば、いつだって新しい時代は、心からバレーボールを楽しむ若者のためにあることも。

バレー漫画の金字塔「ハリガネサービス」は、バレーボールが好きな方だけでなく、漫画を愛する全ての人に見ていただきたい名作です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました