2021-10

マンガ

野球漫画の金字塔「キャプテン」~谷口タカオ その白球にかける思い~①

野球漫画の金字塔「キャプテン」のレビュー第1弾。今シリーズは、私にとって最も心に残る“キャプテン”谷口タカオの名場面を紹介する。打っては三振、守ればエラーの谷口が父との猛特訓と、先代キャプテンの厳しくも愛情溢れる指導によって成長していく。
ドラマ

不朽の学園ドラマ「みにくいアヒルの子」③ 『小さな恋の物語』

ドラマ「みにくいアヒルの子」レビュー第3弾『小さな恋の物語』。ガースケの教え子ふたり、梨花と和雄には好きな人がいた。梨花はクラスメイトの徹に恋しているが、和雄の相手は梨花なのだ!ふたりの恋の物語は切ないが、それ以上に感動的だった…。
ドラマ

不朽の学園ドラマ「みにくいアヒルの子」② 『涙の一番星』

ドラマ「みにくいアヒルの子」のレビュー第2弾『涙の一番星』。平泉玩助ことガースケは、北海道の小学校で教鞭をとっている。教え子の清は、父と暮らすため都会へと転校して行った。ところが、家庭でも、そして学校でも居場所を失った清に悲劇が起こる…。
ドラマ

「BARレモン・ハート」~酒と粋が織り成す人間模様~④『少年時代の酒』Ⅱ

BARレモン・ハートのレビュー第4弾『少年時代の酒』の続編。マスターとの約束を果たし、野口は“心の友”内田と連れだってやって来た。一番の目的は、内田に自身を彷彿とさせる「少年時代の酒」を飲ませることである。果たして、その酒を飲んだ内田は…。
ドラマ

「BARレモン・ハート」~酒と粋が織り成す人間模様~③『少年時代の酒』Ⅰ

「BARレモン・ハート」のレビュー第3弾。カウンターで肩を並べて飲む二人の男性は、なぜか全く会話をしない。訝しがる常連客の松ちゃん。だが、彼らは言葉がなくとも心通じ合う友だった。そんな心の友を彷彿とさせる銘酒。それは少年時代の酒だった。
ドラマ

不朽の学園ドラマ「みにくいアヒルの子」① 『ドラマ紹介』

学園ドラマ「みにくいアヒルの子」のレビュー第1弾。小学校で教鞭をとる平泉玩助(ガースケ)は、一見すると全く教師には見えない。だが、いつも生徒と真正面から向き合った。「良い生徒になるより、幸せな生徒になれよ」の言葉を座右の銘にして。
ドラマ

「BARレモン・ハート」~酒と粋が織り成す人間模様~② 『再会』

今を遡ること20年前、若き日のマスターは色々な酒を覚え天狗になっていた。そんなマスターのもとに、常連客の大学教授が虎の子の酒を持って訪れる。しかし、その銘酒を巡り、両者は袂を分かつ。20年の時を経て今夜、その恩師ともいうべき人物と再会した。
ドラマ

「BARレモン・ハート」~酒と粋が織り成す人間模様~① 『ドラマ紹介』

粋な大人たちが集まる「BARレモン・ハート」。そこには、心地よい寛いだ雰囲気を提供するマスターと、一癖も二癖もあるが個性的で心の機微が分かる常連客がいた。BARという街の小劇場で織り成す人間模様を、酒とおもてなしの心で優しく包み込む。
マンガ

『PLUTO』哀しくも儚いロボットたち② ~エプシロンの章~

太陽の光を動力とする光子エネルギーのエプシロン。金髪で長身美男子の彼は、その風貌とは裏腹に最強のロボットである。だが、誰よりも優しい心の持ち主だ。そんなエプシロンに不吉な影が忍び寄る。エプシロン、そして愛する子どもたちの運命やいかに…。
マンガ

『PLUTO』哀しくも儚いロボットたち① ~ノース2号の章~

手塚治虫原作『鉄腕アトム』に登場する「地上最大のロボット」。その不朽の名作に深い感銘を受けた浦沢直樹が、オマージュとしてリメイクしたのが『PLUTO』である。哀しくも深い余韻が残る、盲目の天才音楽家と高性能ロボットの魂の邂逅を紹介する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました