マンガ・アニメ

マンガ・アニメ

人間交差点「教官の雨」レビュー

人間交差点「教官の雨」レビュー。少年院教官・野崎にとって菊島あけみは忘れ難き少女である。義父からの性被害をきっかけにダークサイドに堕ちていく。だが、野崎との邂逅の末、人の心を取り戻していった。
マンガ・アニメ

「図書館の大魔術師 」ガナンの名言 ~親方が示す人生の羅針盤~

「図書館の大魔術師 」ガナンの名言を紹介する。混血児で長い耳を持つシオは村人から蔑まれてていた。偶然の出会いにより司書を目指すシオに石工の親方ガナンは金言を送るなど、人生の師として導いていく。
マンガ・アニメ

「闇に降り立った天才」赤木しげるの名言・名場面⑰
鷲巣編part2『焼かれながらも…人はそこに希望があればついてくる』

鷲巣麻雀の1回戦、アカギは驚異の山越しで鷲巣を狙い打ち、逆転トップをものにする。抜かれた血液の補給を拒むアカギは、悪魔の発想で言い放つ。「焼かれながらも…人はそこに希望があればついてくる」
マンガ・アニメ

ラブコメ漫画の金字塔「めぞん一刻」③ たおやかに舞う桜の下で

数ある『めぞん一刻』の名場面の中で、「桜の下で」は五代君と響子さんの心が本当の意味で通じ合う珠玉のストーリーである。惣一郎さんの墓前で互いの愛を確かめる二人を、舞い落ちる桜が優しく包み込む。
マンガ・アニメ

ラブコメ漫画の金字塔「めぞん一刻」②  苦労人・五代裕作の優しさ

「めぞん一刻」の主人公・五代裕作は優柔不断で世渡り下手である。だが、五代君は自分のことよりも他人を思いやる優しさを持っている。バイト先での子ども達との別離ほか、人柄が窺えるシーンを紹介する。
マンガ・アニメ

「めぞん一刻」音無老人 「線は、僕を描く」篠田湖山 ~漫画史に残る好々爺~

「めぞん一刻」の音無老人と「線は、僕を描く」の篠田湖山。ふたりは漫画界随一の人格者にして、悠揚迫らぬ物腰はまさに好々爺然としている。豊かな人生経験に裏打ちされた箴言が、人々を優しく包み込む。
マンガ・アニメ

フランダースの犬「ネロとパトラッシュ」 死すら分かつことなき永遠の絆

「フランダースの犬」は不朽の名作アニメである。悲劇的な結末に目がいくが、本当にそうなのか。少年と老犬の死をも共有する永遠の絆。天使が舞い降り、家族の待つ天国へ旅立つ姿に、別の思いが込み上げた。
マンガ・アニメ

「闇に降り立った天才」赤木しげるの名言・名場面⑯
鷲巣編part1『鷲巣麻雀の深淵』

昭和40年、若者が怪死する事件が起こった。その犯人こそ日本の支配者・鷲巣巌だった。鷲巣を狩るため、悪徳刑事・安岡らと勝負に挑むアカギ。ただし、鷲巣麻雀と呼ばれる特異なルールでの戦いとなった。
マンガ・アニメ

「マスターキートン」~人生の達人が紡ぐ大人の寓話~⑭ 『バラの館』

本作は人を信じる難しさを描いている。使用人が夫を殺害のうえ逃走し、命を狙われる未亡人。その護衛をキートンと旧知の私立探偵チャーリーが担う。だが、キートンの慧眼により事件は意外な結末を迎えた。
マンガ・アニメ

“下の中”男子とJCギャルの物語「わざと見せてる?加茂井さん。」レビュー

本作はスクールカースト“下の中男子”須藤靖幸と“最上位ギャル”加茂井由紀のラブコメディである。特に水と油の関係の加茂井由紀と委員長・大原佳代子が心通じ合う場面は、鮮やかに10代の心情を描いた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました