不浄を拭うひと

マンガ

「不浄を拭うひと」レビュー③ “善意の人”富さんが遺したもの

特殊清掃の現実を描く「不浄を拭うひと」レビュー第3弾。マンションの大家・金田さんの物件で、富さんという高齢女性が急逝した。彼女の部屋で清掃員・山田正人は意外な光景を目にする。それには、富さんの生前の思いと深く関わる訳があった。
マンガ

「不浄を拭うひと」レビュー② ~特殊清掃を通じて見えた人々の営み~

特殊清掃の現実を描いた「不浄を拭うひと」のレビュー第2弾。特殊清掃を始めて間もない山田正人は、連日のように遭遇する悲惨な光景に身も心も疲弊していた。そんなとき、職場の先輩に言葉をかけられる。彼の心を救った、ある言葉とは…。
マンガ

「不浄を拭うひと」レビュー ~特殊清掃を続ける意味~

特殊清掃は事件や事故、病気などが原因で亡くなった部屋を現状復帰させる仕事である。本作は特殊清掃の実際を、主人公を通して描かれる。過酷な業務に心折れかかる中、ある依頼人との出会いが転機となる。彼が見出した特殊清掃を続ける意味とは…。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました