ヒューマンドラマ

マンガ・アニメ

人間交差点「教官の雨」レビュー

人間交差点「教官の雨」レビュー。少年院教官・野崎にとって菊島あけみは忘れ難き少女である。義父からの性被害をきっかけにダークサイドに堕ちていく。だが、野崎との邂逅の末、人の心を取り戻していった。
マンガ・アニメ

「図書館の大魔術師 」ガナンの名言 ~親方が示す人生の羅針盤~

「図書館の大魔術師 」ガナンの名言を紹介する。混血児で長い耳を持つシオは村人から蔑まれてていた。偶然の出会いにより司書を目指すシオに石工の親方ガナンは金言を送るなど、人生の師として導いていく。
マンガ・アニメ

「めぞん一刻」音無老人 「線は、僕を描く」篠田湖山 ~漫画史に残る好々爺~

「めぞん一刻」の音無老人と「線は、僕を描く」の篠田湖山。ふたりは漫画界随一の人格者にして、悠揚迫らぬ物腰はまさに好々爺然としている。豊かな人生経験に裏打ちされた箴言が、人々を優しく包み込む。
マンガ・アニメ

フランダースの犬「ネロとパトラッシュ」 死すら分かつことなき永遠の絆

「フランダースの犬」は不朽の名作アニメである。悲劇的な結末に目がいくが、本当にそうなのか。少年と老犬の死をも共有する永遠の絆。天使が舞い降り、家族の待つ天国へ旅立つ姿に、別の思いが込み上げた。
マンガ・アニメ

「孤独と自由を愛する旅人」スナフキンの名言

トーベ・ヤンソン原作「ムーミン」。本作には多種多様な生き物が登場するが、中でもスナフキンは印象深い。孤独と自由を愛し世界中を旅するスナフキンは、ムーミンの良き友として数々の名言・至言を残した。
マンガ・アニメ

終わりなき戦禍の傷跡「かつて神だった獣たちへ」レビュー

かつて、人智を超えた力で戦争を和平へと導いた擬神兵。やがて、神と呼ばれた彼らは獣へと墜ちていく。そんな擬神兵を抹殺する“獣狩り”。それは元擬神兵部隊長のハンクだった。獣達の悲しい叫びが残響する。
マンガ・アニメ

一筆に命を吹き込む水墨画「線は、僕を描く」レビュー

大学生の青山霜介は両親を亡くし、孤独と喪失感のどん底に喘いでいた。そんな中、バイト先の水墨画の観覧会で運命の出会いを果たす。そして、水墨画の大家・篠田湖山に導かれ、その魅力に惹かれていく。
マンガ・アニメ

「ましろのおと」~日本の文化と心を今に伝える三味線の音~

16歳の雪は津軽三味線の名人と謳われた祖父・松吾郎に育てられ、自然と三味線の世界に傾倒していった。祖父の死をきっかけに上京し、様々な出会いを経験することにより、自分色の音を紡いでいく。
マンガ・アニメ

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」特別編集版 レビュー

かつて戦場で「兵器」として畏怖された過去を持つヴァイオレット。戦争終結後、彼女は手紙の代筆をする自動手記人形として働くうち、人の心を取り戻し、最愛の少佐の言った「愛している」の意味を理解した。
マンガ・アニメ

自閉症児の実際を描いた金字塔「光とともに…」レビュー

自閉症児と家族の日常を描いた「光とともに…」は、障害児をテーマにした数少ない漫画である。障害の有無にかかわらず、人が人らしく生きるには…。そのヒントとなる本作を一人でも多く手に取って欲しい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました