ノンフィクション

ノンフィクション

元大王製紙会長・井川意高 ~ギャンブルの業火に焼かれた男~

元大王製紙会長・井川意高は博奕で106億溶かした男である。そんな彼は幼い頃から頭脳明晰で42歳の若さで大企業の社長に就任した。なぜ、エリート財界人はギャンブルの業火に焼かれていったのか…。
ノンフィクション

ドキュメント72時間③「樹木葬 桜の下のあなたへ」レビュー

ドキュメント72時間「樹木葬 桜の下のあなたへ」。この作品は故人と遺族の心の交流を描く物語となっている。自然に還りたいという願いを叶えた樹木葬。青空が広がる中、桜の下で故人は静かに眠っている。
ノンフィクション

ドキュメント72時間②「恐山 死者たちの場所」レビュー

ドキュメント72時間。この番組はNHK総合テレビ放送の、ある場所を72時間定点観測するドキュメンタリーである。 昨年、過去10年分から歴代ベスト10を選ぶ、特別番組を放送した。ちなみに、歴代1位に輝いた「秋田・真冬の自販機の前で」は、すでに...
ノンフィクション

「ウェザーニュース解説員」山口剛央 ~気象予報士“ぐっさん”の矜持~

気象情報番組「ウェザーニュースLiVE」解説員・山口剛央は視聴者から“ぐっさん”と呼ばれ、ダンゴムシ事件で名を馳せた。だが、ひとたび地震災害が起こると、プロフェッショナルとしての顔を覗かせる。
ノンフィクション

「ウェザーニュースLiVE」切り抜き動画 ~笑顔とともにお天気を!~

「ウェザーニュースLiVE」はネット配信の気象情報番組で、切り抜き動画「ダンゴムシ事件」は再生回数1000万超えを果たした。特に、山口解説員と大島キャスターの掛け合いは見ているだけで癒される。
ノンフィクション

ヒューマングルメンタリー オモウマい店「ごはん一筋60年の米仙人」

「ヒューマングルメンタリー オモウマい店」には名物店主が多数登場する。中でも“米仙人”松嶋孟は、ごはん一筋60年の匠である。93歳になる仙人の言葉は職人の矜持にあふれ、心に響く人生訓であった。
ノンフィクション

日経テレ東大学「社会人のための“死”入門」 ~生きること即ち死ぬことなり~

今回は「社会人のための“死”入門」と題し成田悠輔や文化人類学者らを招き、日本人の死生観について議論した。その内容はデジタル社会での死や普遍的な死の概念、生と死の狭間にある本質を穿つものだった。
ノンフィクション

ドキュメント72時間「秋田・真冬の自販機の前で」レビュー

ある場所を72時間連続で定点観測する当番組は、過剰な演出もなく素朴だが良質な内容となっている。中でも、風雪舞う真冬の秋田港で撮影した放送回は、様々な人生模様が織り成す印象深きものだった。
ノンフィクション

日経テレ東大学RE:HACK「芥川賞作家・羽田圭介」編 ~文学で自分という宇宙を旅しよう~ ②

芥川賞作家・羽田圭介を招いた「日経テレ東大学RE:HACK」後編。開始早々、笑いを誘う羽田のエピソード。さらに、小説の可能性や大衆を誘導する“週刊文春文学”まで、天才達が縦横無尽に語り尽くす。
ノンフィクション

日経テレ東大学RE:HACK「芥川賞作家・羽田圭介」編 ~小説で自分という宇宙を旅しよう~

YouTube「日経テレ東大学RE:HACK」で、芥川賞作家・羽田圭介を迎えた放送回を視聴した。その内容は小説の魅力や本質などを多岐に渡って議論した、小説をまた読みたくるような神回であった。
スポンサーリンク